■最安で国内空港ラウンジが利用できるおすすめクレジットカード

ゴールドカードを利用する理由として空港ラウンジが利用したいというものがあるでしょう。海外には行かないものの、国内の出張が多いという方は飛行機を普段から利用されていると思いますしちょっとした待ち時間で空港ラウンジが使えれば良いなと考えている方も多いのではないでしょうか。今回紹介する「UCSゴールドカード」では、年会費格安で国内の空港ラウンジが利用できるようになります。国外では利用しないものの日本では空港ラウンジを利用するためにクレジットカードを持っておきたいかたにおすすめです。

・クレジットカード情報
-発行会社:UCS
-国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB
-年会費:3000円+税(初年度無料)
^その他:旅行傷害保険が高額

・最安の年会費で日本国内の空港ラウンジを利用可能
日本国内で発行されたゴールドカードであれば日本国内の空港ラウンジが利用できるというのが基本となっています。こちらのゴールドカードも例外ではなく、年会費3000円という格安設定ながら国内28の空港とホノルル空港で空港ラウンジが利用可能となっています。海外の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスなどの付帯はありませんが、国内で空港ラウンジを利用したのであればこちらのゴールドカードを持っておくことをおすすめします。この年会費であれば、メインカードとして年会費無料のクレジットカードを利用し空港ラウンジのために持っておく方法もおすすめは出来ます。

・年会費が安くてもサービスは上等
空港ラウンジが日本でしか利用できないのは難点ですが、意外にも海外旅行傷害保険は最大で5000万円としっかりとした補償となっています。しかも、海外旅行傷害保険に関しては自動付帯であるため万が一のときをしっかりとサポートしてくれます。保険ではないですが、付帯サービスの中には自動車のトラブルが発生したときにサポートしてくれるロードサービスのようなものも付帯されています。

ポイントの還元率も0.5%となっておりゴールドカードの中では低いかもしれませんがクレジットカード全体で見れば標準的な値となっています。しかも年間5000ポイント以上貯めることに成功すれば、翌年度はポイントの獲得率が20%アップしますので0.6%の還元率に変身します。空港ラウンジだけではなく、総合的にゴールドカードとしてサービスは高いものですしおすすめしたい1枚です。

■おすすめゴールドカード JCBゴールド ザ・プレミア

総合的な使い勝手が良いクレジットカードとしておすすめなのが「JCBゴールド ザ・プレミア」です。入手するためには下位カードの「JCBゴールド」の利用から始める必要がありますが、インビテーションの条件は一般に公開されていますのでそこまで入手が難しいクレジットカードというわけではありません。他のゴールドカードとは一味違ったおすすめクレジットカードをご紹介します。

・クレジットカード情報
-発行会社:JCB
-国際ブランド:JCB
-年会費:15000円+税(年間100万円以上の利用で翌年度10000円+税)
^その他:プライオリティ・パス付き

・入手もそこまで難しくない安心クレジットカード
JCBのプロパーカードであることからクレジットカードとしてもおすすめですし人気が高いこちらのカード。入手条件としては「JCBゴールド」を2年間連続で100万円以上利用し、会員サイトに登録するというわかりやすい基準が用意されています。メインカードとして利用する人であれば年間100万円と言えども月間で考えると8-9万円程度です。食事の代金をまとめて支払うなど積極手にクレジットカードを使用していけば比較的簡単に届く範囲ではないでしょうか。そのペースでクレジットカードの利用が続くのであればJCBゴールド ザ・プレミアになってからも年会費は10000円+税で済みますし、並のゴールドカードと変わらないおすすめ価格となってしまいます。

・提携店が利用しやすい
JCBのプロパーカードであるため日本国内でも提携店が多く、幅広く利用可能なクレジットカードとなっています。食事の面でもゴールドカードでありながら一流ホテルなどで優待を受けることが可能ですし、プラチナカードではないもののそれに近いサービスも提供されていることがあります。

また提携店ではないですが京都駅のビル内には「JCB Lounge 京都」と呼ばれるJCBカードホルダー向けのラウンジも用意されています。京都は観光客も増えてきたことでゆっくりと休める場所も少なくなってきましたので、こういったクレジットカードのサービスでラウンジが利用できるのは大きなメリットではないでしょうか。

カード取得までの道のりこそ期間が決まっているため時間しか解決してくれませんが、一度手に入れることが出来ればずっと使えるおすすめのクレジットカードです。他の人とは違ったゴールドカードを持っておきたいのならば是非獲得へチャレンジしてみてください。

■お手頃価格でおすすめ セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードを利用しているといつしかゴールドカードを持ってみたくもなるものです。そんな方に初めてのゴールドカードとしておすすめしたいクレジットカードが「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード」です。年会費も一般的な1万円に設定されていながら国際ブランドはアメリカン・エキスプレス・カードですし使い勝手も悪くありません。いったいどのようなクレジットカードなのでしょうか。

・クレジットカード情報
-発行会社:クレディセゾン
-国際ブランド:アメリカン・エキスプレス・カード
-年会費:10000円+税
^その他:プライオリティ・パス優待

・ゴールドカード初心者でも利用可能なアメリカン・エキスプレス・カード
クレジットカードとしての地位を長らく保ち続けているアメリカン・エキスプレス・カードですが、プロパーカードであれば年会費が3万円以上と高いことがネックになっている人も多いと思います。しかし、こちらのセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードであれば提携カードではありますが年会費は1万円に抑えられており維持費の面では特に気にならないものとなっています。もちろんゴールドカードですので国内は27ヶ所の空港でラウンジが利用可能ですし、海外ラウンジについてもプライオリティ・パスの優待がありますのでお得に利用することが可能です。クレジットカードとしての付帯サービスもアメリカン・エキスプレス・カードのものとクレジットカード業界では有名なクレディセゾンのものが両方付帯されていますので幅広くおすすめです。

・買い物でもお得
クレディセゾンが提携している先でお得に買い物が出来るのも嬉しい特典の一つです。ゴールドカードはステータス性も気になる部分ではありますが、いかにお得に利用できるのかということも評価の対象となるでしょう。こちらのクレジットカードではバルコやLOFTでの買い物が条件付きで5%オフになったり、西友やリヴィンでの買い物も割引の対象となっています。

アメリカン・エキスプレス・カードということもあり、空港からの荷物の配送などトラベルに関するものが充実しています。年会費は1万円に設定されていますが、海外旅行傷害保険は最高で5000万円という高額補償ですしアメリカン・エキスプレス・カードらしさが現れている部分でもあります。お得感は非常に高いおすすめクレジットカードですので、ゴールドカード初心者の方でも是非使ってもらいたいと思います。

■dポイントを貯めるおすすめクレジットカード

最近ポイントよく見かけるようになったdポイントをご存知でしょうか。NTTドコモが提供しているこちらのポイントサービスは2015年のサービス開始以来様々なところで利用が可能となってきました。この背景には電子マネーのiDが拡大してきたこともあるでしょう。そしてこの電子マネーのiD及びdポイントと相性が良いおすすめのクレジットカードというのが「dカード GOLD」なんです。ゴールドカードのステータス性だけではなくポイント還元といった実用面でもおすすめできる1枚になっています。

・クレジットカード情報
-発行会社:NTTドコモ
-国際ブランド:VISA/MasterCard
-年会費:10000円+税
-その他:海外旅行傷害保険1億円付帯

・電子マネーとの活用でdポイントがお得に貯まる
dカード GOLDをおすすめする理由は最近人気のdポイントがよく貯まりながらも、ゴールドカードとしてのステータス性は失われていないという部分です。dポイントの加盟店で利用すればカードの提示で1%の還元となりますし、支払いに関しても1%の還元率となっています。特に提携が始まったローソンで決済に利用すれば請求金額も3%割引になるため実質的には5%程度の割引が受けられるクレジットカードとなっています。電子マネーのiDも後払い方式であるポストペイド式としては日本でのシェア1位となっていますし、少額の決算は電子マネーで済ませておきたいという方にもおすすめできるクレジットカードに仕上がっています。貯まったポイントは共通ポイントであるPontaへの交換が可能でありローソンをはじめてとして様々なお店で利用できるようになっています。またdポイント加盟店も増えてきたことによって交換しなくとも利用できるでしょう。

・付帯サービスは安心のゴールドカード
ポイント面ばかりご紹介しましたが、クレジットカード情報にも載せていますように海外旅行傷害保険は最高で1億円の補償となっています。この金額はゴールドカードの中でも高額でプラチナカードと大差ないような補償となっています。つまりポイントの還元率を楽しみながらも、それに引きつられてゴールドカード付帯サービスが下げられている訳ではないクレジットカードなのです。

ポイントの還元率だけで年会費を取り返すようなことは少し難しいかもしれません。しかし年に1度でも海外に行くのであれば、保険の面とポイントの両面からゴールドカードを活用できますのでおすすめのクレジットカードになることでしょう。

■JAL利用者には一番これがおすすめ JALカード CLUB-Aゴールドカード

JALの利用が日常生活の中で多い方は数あるJALカードの中でもこちらの「JALカード CLUB-Aゴールドカード」を最もおすすめしてます。JALカード自体には様々な種類が用意されていますが、こちらのクレジットカードが最も年会費や付帯サービス、そしてマイルの付与と言ったバランスが取れているクレジットカードという印象を受けます。マイルに関するお得な特典も用意されていますので順番にご紹介します。

・クレジットカード情報
-発行会社:JALカード
-国際ブランド:VISA/MasterCard/JCB/アメリカン・エキスプレス
-年会費:16000円+税
-その他:海外旅行傷害保険1億円付帯

・JALマイルがお得に貯まるクレジットカード
JALカード自体がマイルの還元率やボーナスマイルに重きを置いているため、どれも年会費以上の価値があるものとはなっています。その中でもJALマイルを貯めるということに注目すれば最もお得に使えるのはこちらのクレジットカードでしょう。

おすすめのポイントとしてはJAL便の利用時にフライトマイルが25%ボーナスとして付与されたり、入会時や毎年の初回搭乗時に付与されるボーナスマイルが非常に多いことが挙げられます。この初回搭乗時のボーナスマイルだけで年会費と同等かそれ以上の価値がありますので、おすすめしないわけにはいきません。しかもショッピングでのマイル還元率が2倍の1%となるショッピングマイル・プレミアムという有料サービスも無料で自動付帯してくるのがゴールドカードの利点ですのでこちらもおすすめポイントです。

・ゴールドカードらしく専用カウンターが利用可能
マイルが貯まることももちろんおすすめしたい部分なのですが、それとは別にゴールドカードであるという面でもおすすめポイントがあります。それはJALのクレジットカード保持者向けに用意されている専用のJALビジネスクラス・チャックインカウンターを利用できるということです。空港の利用時になにかと待機時間が長くなってしまうのがチェックインまでの時間です。この時間を無駄にしないためにも、JALはゴールドカードを始めとした特定のクレジットカード保有者に対して専用のカウンターでのチェックインを提供しています。しかも、利用する座席はビジネスクラスで無くとも利用できる場合はありおすすめ度は高いです。JALのゴールドカードだからこそのサービスにも期待できる1枚です。