いよいよ目的別おすすめクレジットカードも今回が最後です。皆さんのニーズにあったカードは見つかりましたでしょうか?このように、クレジットカードはおすすめしたい人の環境によって、どのカードがベストなのかが変わります。平均点が高いクレジットカードに申し込むか、1点でも秀でたものがあるカードに申し込むか、よく考えて入会すると良いでしょう。

■ETCカード発行におすすめのクレジットカード

ドライバーなら、持っていて当たり前なのがETCカードでしょう。
ETCカードがあると、有料道路の走行料金が割引されます。
またETCレーンだと、ノンストップで走行することができます。
今は利用する機会がなくても、そのうち使うことがあるかもしれません。
ETCカードを持ってないなら、1枚は発行しておくのがおすすめです。

ETCカードは、単体でも発行することができます。
しかし高額なデジポットが必要など、使い勝手はよくありません。
ETCカードはクレジットカードで、追加発行するのがおすすめです。

ETCカードを発行するさいに、注目したいのが年会費と発行手数料です。
クレジットカードには年会費がありますが、ETCカードはそれとは別に年会費が必要になります。
年会費無料クレジットカードでも、ETCカードは年会費有料というケースも少なくはありません。
発行手数料が必要になるクレジットカードはまずありませんが、ETCカードは必要になるものがあります。
1,000円程度とするETCカードが多いようです。
おすすめなのは年会費も発行手数料も無料のETCカードです。

そしてETCカード利用時に、どのくらいのポイントが獲得できるのかを確認するのがおすすめです。
ETCカードはクレジットカードでの請求となります。
ポイント還元率が高いクレジットカードなら、ETCカードでも多くのポイントを獲得できおすすめです。
またETCカードは通常よりポイント還元率が上がるような、クレジットカードもおすすめです。

ETCカード発行におすすめのクレジットカード

・イオンカード
イオンカードはすべて年会費室無料ですが、ETCカードも年会費、発行手数料とも無料なのでおすすめです。
ETCゲート車両損傷お見舞い制度があるのが大きな特徴で、ETCゲートで車両を損傷してしまったときに一律5万円の見舞金が支払われます。

・オリコカード
ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。
オリコカードで人気なのは、オリコカード・ザ・ポイント。
年会費無料でポイント還元率が1.0%と高く、ETCカード利用でも1.0%のポイントを獲得できおすすめです。

・セゾンカード
ETCカードは年会費無料、発行手数料無料です。
セゾンカードはいくつか即日発行できるクレジットカードがありますが、ETCカードも即日発行できるのが特徴です。
急ぎでETCカードが必要なときは、セゾンカードはおすすめでしょう。

■おすすめのクレジットカード国際ブランド

クレジットカードにはVISA、JCB、マスターカード、アメリカンエクスプレス(アメックス)、ダイナースクラブ、いずれかの国際ブランドが付帯しています。
複数の国際ブランドが用意されているクレジットカードもあります。
VISA、JCB、マスターカード、アメックスと用意されているとき、どれを選ぶべきか?と迷うこともあるかと思います。

おすすめの国際ブランドは、使い方によって異なります。
ただ無難なのはVISAでしょう。
VISAは加盟店が多くどこでも使える国際ブランドです。
国内でも海外でも使いやすく、最初の1枚としてもおすすめです。
とりあえずVISAブランドのクレジットカードは、1枚は持っておくのがおすすめです。

国内のみで使うなら、JCBがおすすめです。
JCBは日本で誕生したクレジットカードブランドで、国内では最強です。
今でこそ国内でもVISAの勢力が強くなってきましたが、日本で使うならまだまだJCBは強いです。
日本の企業を応援する意味でも、JCBブランドのクレジットカードはおすすめです。

マスターカードはVISAと被っている部分が多いようです。
VISAがあればマスターカードに必要性を感じない…といケースが多く、日本ではVISAとJCBより知名度は低くなっています。
それでもマスターカードはVISAと同様加盟店が多いので、おすすめのブランドではあります。
VISA、JCBを発行後、3枚目のクレジットカードとして発行するのもおすすめです。

アメックスは加盟店が多くはなく、一般的ではありません。
最初の1枚としてはおすすめしませんので、2枚目、3枚目のクレジットカードとするのが良いでしょう。
アメックスブランドのクレジットカードはそれほどなかったのですが、現在は日本でもいろいろな種類が登場してきました。
特にセゾンカードはアメックスとの提携を強化しており、魅力的なアメックスブランドのクレジットカードを多々発行しています。

ダイナースクラブは提携クレジットカードがなく、プロパーのみとなります。
そのため種類が極端に少なく、選択肢が狭くなっています。
ただそれがステータスにつながり、富裕層向けのクレジットカードブランドとして君臨しています。
クレジットカードにステータスを求めるなら、おすすめでしょう。
ダイナースクラブは加盟店が少なく、使いやすい…とは言えません。
初心者向けでなく、どちらかというとクレジットカードの上級者向けのブランドです。

■東京を優雅に過ごせるメインカード ビューゴールドプラスカード

メインカードとして持つにふさわしいゴールドカードでなおかつ、東京駅を優雅に利用できるおすすめクレジットカードが「ビューゴールドプラスカード」です。あまり聞き慣れないクレジットカードかもしれませんが、Suicaとの連携がお得な「ビューカード」シリーズの上位版クレジットカードとなっています。
クレジットカードとしてゴールドカードであるため付帯サービスが充実していることはもちろんのこと、Suicaが付帯されていますし、定期券としても利用可能なためまさにメインカードとして持つにふさわしい機能が備わっているのではないでしょうか。このような機能面意外にも様々な特典がありますので順番にご紹介しましょう。

・基本スペック
国際ブランド:JCB
年会費:10000円+税
その他特典:お得な入会特典が用意されている

・東京駅のラウンジが利用可能
東京駅にラウンジがあることすら知らない方も多いとは思いますが、実はJR東京駅の八重洲中央口近くに「ビューゴールドラウンジ」と呼ばれるラウンジが用意されています。このラウンジを利用できるのは、こちらのクレジットカードを所有していて当日の東京駅発新幹線グリーン車などを利用する人に限られています。つまり、人の数があまり多くないラウンジでありゆったりとくつろぎたい方におすすめとなっています。ラウンジの内容としては空港ラウンジに近いものがあり、飲み物や無線LANの提供があったり展示物が飾られているというものになっています。全体的に鉄道に関するデザインが取り入れられており、他にあまり例を見ないのでラウンジを楽しみたい方にもおすすめのクレジットカードとなっています。

・入会時の特典が豊富
クレジットカードの入会時に特典が付与されるというのは最近のスタンダードとなってきましたが、「ビューゴールドプラスカード」はゴールドカードとういこともあり他のクレジットカードとは少しことなったおすすめ特典が用意されています。全部で用意されている特典は8種類あり、入会時にどれか一つを選ぶことが出来るのは魅力的となっています。
内容は新幹線の利用に関するもの・在来線のグリーン車に関するものといった鉄道乗車に関連するものから、東京ステーションホテルでスイーツセットを試すことの出来るといったグルメに関するものまで用意されています。鉄道を多く利用するのであれば初年度はそれだけで年会費の半分は取り返すことが出来ますしおすすめの特典だと思います。

■JCBゴールド

将来に渡って長く使えるメインカードにステータス性のあるものも保有したいのであればこちらの「JCBゴールド」をおすすめします。JCB一般カードもクレジットカードとして決して悪いものではありませんが、そこからさらにランクアップして長くメインカードとして利用するのであればゴールドカードを選択するというのも良いでしょう。特にゴールドカード以上であれば付帯サービスなどの面で他のクレジットカードよりもお得になる面もありますし決算以外の面でも利用できるおすすめのクレジットカードになっていくはずです。

・基本スペック
国際ブランド:JCB
年会費:10000円+税(初年度無料)
その他特典:旅行傷害保険も充実

・プラチナカードに繋がるメインカード
簡単な道のりではないですがこちらのクレジットカードをおすすめする理由として「JCB ザ・クラス」へのインビテーションがもらえる可能性があるということがあります。「JCB ザ・クラス」はプラチナカードとなっており、JCBの中でも最上位に位置するクレジットカードです。メインカードとして「JCBゴールド」の利用を続けていれば、プラチナカードの獲得へと繋がるかもしれません。特にメインカードは様々な場面で利用する可能性があります。友人の前やお客様の前でも出して恥ずかしくないクレジットカードですし、ゴールドはもちろんのことプラチナになればより一層メインカードにおすすめできるクレジットカードになっています。

・ポイント還元率も高くメインカードとして使いやすい
メインカードとしてクレジットカードを利用していくにはポイントの還元率も重要となってきます。しかし上記で述べたようにプラチナカードといったステータス面も目指してメインカードを選ぶとなればポイントの還元率はどうしても諦めざるを得ない部分もあるでしょう。しかし、JCBゴールドカードならばそんな心配はありません。メインカードとして特に使えるように十分なポイント還元率が設定されているのです。ポイントの還元率だけで勝負をすると他のクレジットカードに劣ってしまう部分はありますが、JCBゴールドはステータス性も高いクレジットカードなためポイントだけが魅力な分けではありません。とは言えども将来インビテーションが欲しいのであれば決算には積極的に利用するべきですし、その利用でポイント還元が高まるのはおすすめできる点となっています。

ポイントが高還元率でも知られているのがVIASOカードです。しかも、そのVIASOカードに関しては、発行スピードが早い、といったメリットもあります。ポイント的な欲求も満たしてくれますし、発行も早いといったおすすめのクレジットカードです。

今回はそのVIASOカードの特徴を紹介します。どのようなところが他のクレジットカードとは違うのでしょうか。

■VIASOカードの特徴とは?

・年会費がかからない!

VIASOカードに関しては、初年度年会費と2年目以降年会費もかかりません。永年無料タイプのクレジットカードとなっているのです。お得にカードを利用していきたい、と考えている方には無くてはならないカードです。

・最短翌営業日に発行してもらえる!

発行スピードにも注目しましょう。
VIASOカードに関しては、最短翌営業日に発行してもらえる、といった特徴があるのです。即日発行はできませんが、早い段階で受け取れるので、数日余裕があるけどなるべく早くカードを受け取りたい、という方に適しています。

・ポイントサービスについて

ポイントが2倍で取得できるチャンスが設けられています。例えば携帯電話料金の支払いにVIASOカードを利用すると2倍のポイント還元となります。ETC利用も2倍のポイント対象となっているのです。
有料道路に乗る機会がある、という方はポイントをたくさんゲットできるチャンスが有るカードですよ。