■安定した還元率でおすすめ リクルートカード

長らくクレジットカードとしての人気を誇っているのがこちらの「リクルートカード」です。何と言っても昔から続くポイント還元率の高さがおすすめしたい理由です。以前はポイントがリクルート系のサービス向けに利用するしか無かったのですが、今は様々なポイントとの交換にも対応していますので一層メインカードとして利用することをおすすめするようになりました。

・基本スペック
国際ブランド:VISA/JCB
年会費:無料
その他特典:年会費無料のクレジットカードでは高還元率

・とにかくポイントが貯まるクレジットカード
ポイントの還元率としては年会費無料にも関わらず毎月の利用金額に対して1.2%となっています。1%の還元率でも高還元率と言われることがあるのに対して、それよりもさらに高還元率となっています。またリクルートが発行しているクレジットカードであるためリクルート系列のサービスで利用すればボーナスポイントが発生することもあります。リクルートが提供しているサービスなんてあまり知らないと考える人も居るかもしれませんが、意外にも様々なサービスが提供されていますのでメインカードとして利用していればどこが該当することは考えられます。

また最近注目を浴びている電子マネーとの相性も良いクレジットカードです。選択する国際ブランドによって対応具合は少し変わるのですが電子マネーのチャージに対してもポイントの付与がされるようになっています。これはメインカードとして利用する際におすすめできるかどうか判断する一つの観点にもなりますので特に注意しておきたいですね。少額の支払いはクレジットカードでチャージした電子マネー、それ以上は直接クレジットカードといった支払い方をおすすめしています。

・ポイントはPontaに集約
リクルートポイントはPontaと統合されたことによって簡単にWebサイトから移行できるようになりました。そのため今までに比べるとポイントの利用というのは格段に利便性が上がったといえます。このメインカードとしてポイントを貯めるのであれば利便性も高くなければ意味がありませんのでその意味でもおすすめできるクレジットカードです。ポイントの交換単位も1ポイントからとなっておりより一層便利に使えるクレジットカードとなっています。ローソンを全く使わないというのであればこの活用は難しいですが、そうでなければポイントを使ってローソンで買い物をするなどお得なメインカードとなるでしょう。

■選べるサポートがおすすめ REX CARD

ポイントの還元率が高いことでおすすめしているのが「REX CARD」です。ポイント付与が2000円からと少しハードルが高いように見えますが、その分還元率は1.5%となっておりメインカードとして利用するのに十分な高還元率クレジットカードとなっています。またポイントの利用方法も様々用意されており、簡単にお得な利用が出来るものも搭載されているクレジットカードです。こちらのクレジットカードの下位カードとして年会費無料の「REX CARD Lite」もありますが、メインカード利用するのであれば今回ご紹介するものをおすすめします。

・基本スペック
国際ブランド:VISA
年会費:2700円+税(初年度無料/年間50万円以上の利用で翌年度も無料)
その他特典:ポイントをクレジットカードの支払いに充填するシステムが搭載

・おすすめのポイント利用方法
こちらのクレジットカードをおすすめする理由として同社が提供する「Jデポ」と呼ばれすサービスが挙げられます。こちらのサービスはクレジットカードの利用などによって貯めたポイントを簡単な手続きをすることによって1500円単位でクレジットカード利用代金に充当できるというものです。実質的にはキャッシュバックのようにも思えますが、現金が振り込まれる訳ではありませんので別物として記載はしています。ただ、こちらのポイント利用は申請から充当までの期間が決まっていますのでなるべく早くポイントは消化しておくことをおすすめします。

・付帯保険が選べるクレジットカード
あまりこのようなクレジットカードは聞きませんが、こちらのクレジットカードであれば自分の生活スタイルに合わせて付帯させる保険を選択することが出来ます。内容としては「国内・海外の旅行傷害保険」か「ショッピング・プロテクション」のどちらかを付帯させることが出来ます。欲を言えばどちらも付帯させたいものですが、年会費が実質無料であることを考えると逆に付帯されていることがすごいぐらいの保険となっています。旅行にはあまり行かないのであればショッピング・プロテクションを念のために持てば良いですし、旅行に行くのあれば万が一のために傷害保険をおすすめします。海外傷害保険は最高で2000万円、国内傷害保険は最高で1000万円と実質年会費無料のクレジットカードとは思えない金額になっています。ショッピング・プロテクションも年間100万円まで保証されますのでメインカードとして様々な買い物をしても耐えうる金額です。

■ゴールドの安心感がおすすめ 三井住友VISAゴールドカード

やっぱりメインカードとして使うのならば、ゴールドカードぐらいのサービスとステータスが良いという方におすすめのクレジットカードが「三井住友VISAゴールドカード」です。日本で有数のクレジットカード会社である三井住友カードが発行していますので知らないという方も少ないでしょう。そのためゴールドカードでも所有していれば他人からも認知されること間違いなしです。しかもプロパーカードですので付帯サービスもゴールドカードとして十分なものとなっています。年会費も抑えることが可能であり総合的に価値の高いおすすめクレジットカードです。

・基本スペック
国際ブランド:VISA/MasterCard
年会費:10000円+税(初年度無料/条件付きで翌年度から4000円+税)
その他特典:この年会費の安さでゴールドカードとしての付帯サービスが満載

・コストパフォーマンスが優秀
複数枚のクレジットカードを持つことも考えると年会費はなるべく抑えておきたい部分ですよね。メインカードとして持つクレジットカードぐらいは仕方がないと考えるかもしれませんが、こちらのクレジットカードであればゴールドカードにも関わらずその問題を解消してくれます。詳細は条件は割愛しますが、条件を満たすことによって年会費は4000円+税となりゴールドカードとは思えないようなコストパフォーマンスの良さとなります。年会費が安いからといってサービスの質が下がるようなことは全くありません。仮にも三井住友VISAカードですので付帯サービスは充実したものとなっています。特に24時年中無休で医師や看護師に相談できる独自のサービスが利用できるのは嬉しいサービスであったりもします。

・付帯保険が充実している
ここもさすがゴールドカードといった部分です。メインカードとして利用するものは保険もそれなりに付帯している方が嬉しいに決まっています。こちらのクレジットカードであればショッピング保険が付帯されていますので、クレジットカードを利用して購入したものに万が一トラブルが発生したとしても最大で90日間は補償の対象とすることが出来ます。年間の補償額は300万円となっていますが、普通に生活していればこれだけの補償金額があれば十分すぎるでしょう。別途こういた保険に入るにはクレジットカードの年会費以上のお金が必要になることも考えられますので付帯保険だけでも価値の高いおすすめクレジットカードです。

■総合的なサービスがおすすめのJCB一般カード

メインカードとして利用するクレジットカードはプロパーカードが良いという方におすすめする1枚です。プロパーカードであるため基本的に年会費が設定されているのですが、条件付きで無料とすることが可能です。それにも関わらずプロパーカードの安定したサービスを受けることが可能になっていますので、バランスの取れたメインカードとしておすすめしたいです。

・基本スペック
国際ブランド:JCB
年会費:1250円+税(初年度無料/オンライン会員サイトの登録・年間50万円以上の二つで翌年度も無料)
その他特典:旅行傷害保険などが付帯されている

・バランスの取れたおすすめクレジットカード
クレジットカードをお得に利用するために注目するのはポイントの還元率だと思います。確かに、買い物のためにしかクレジットカードを利用されないのであれば還元率が高いに越したことは無いと考えています。しかし、日常に何かプラスする意味でクレジットカードを持っておくのればバランスの取れたクレジットカードをメインカードとして持つほうが良いでしょう。こちらのJCBオリジナル 一般カードであれば買い物や旅行で賢くポイントを貯めながらも、JCBのプロパーカードとして一般カードであっても手厚い特典付帯されています。

メインカードとして利用していれば実質年会費は無料になると思いますし、年会費無料でJCBが提供する海外での日本語対応デスクや海外レンタカー割引などが利用できるのは非常に大きなメリットではないでしょうか。

・電子マネーnanacoとの相性が良い
あまり知られていないかもしれませんが、JCBオリジナルカードシリーズとnanacoの相性は良いものとなっています。またJCBカードでセブンイレブンでの支払いをするとポイント還元率が通常の3倍になるといった特典もあります。最近は少額の決算を電子マネーに集中させる人も増えてきたと思います。そのためこちらのクレジットカードように電子マネーとの相性が良いものは一層利用価値が高まってくるはずです。クレジットカードの利用で貯まったポイントは簡単にnanacoのチャージへ充填することも出来ますし、しっかりとポイントが貯まってすぐに使えるというメインカードとして嬉しいことが網羅されています。

JCBは海外では一部利用できないこともありますが、日本人旅行者が多いような地域では特に問題はありません。国外を中心としたメインカードとして持ちたい場合は念のために確認はしておいてください。

■ステータス性も気にしたおすすめのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

メインカードとして手軽にステータス性の高いクレジットカードを持っておきたい方におすすめの1枚です。後程詳しく紹介はしますが、こちらの「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」であれば年会費を抑えてプラチナカードを持つことが出来るんです。メインカードともなれば日々の買い物はもちろんのこと、友人などの目の前で使用することも考えられます。そういったときに、プラチナカードを利用していれば周りからの見え方も少し変わってくるかもしれません。

・基本スペック
国際ブランド:アメリカン・エキスプレス・カード
年会費:2万円+税
その他特典:コンシェルジュサービスが利用可能

・破格の年会費でプラチナカードホルダーに
こちらのMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめする理由としては何よりも年会費の安さです。プロパーカードのアメリカン・エキスプレス・カード プラチナであれば年会費が13万+税となるところをこちらのカードであれば2万円+税で所有することが出来るのです。しかも条件を満たせばここから3000円割引になるという驚きの安さです。もちろん、プラチナカードとはサービス内容が異なる部分はあるのですが詳しくない人から見ればアメリカン・エキスプレス・カードのプラチナを持っていることには違いありません。たった2万円+税で周りからの目が変わるに違いないでしょう。

・プラチナカードとしての特典は十分
メインカードとして利用するのであればステータス性だけではなく利便性も高くなければ困りますよね。ですが、さすがプラチナカードというだけあって様々な特典で私たちのことを助けてくれます。例えばコンシェルジュサービスを利用すればホテルや旅行の手配などをしてくれますし、クレジットカードで購入できるものであればあまり流通していないものでも販売元を見つけてくれたりもします。基本的にコンシェルジュサービスは私たちが本来出来ることを時間の短縮のために利用するものです。意外と時間が掛かる旅行などの手配に対応してくれるなどのサービスは特典として嬉しいものでしょう。

また、アメリカン・エキスプレス・カードは使いにくいという印象を持たれているかたも居るかもしれませんが、今となってはそのような問題もありません。加盟店も増えてきましたしインターネットショッピングを含めて使えないということはまずないでしょう。

クレジットカードを比較するならクレ達へ!
http://cretatsu.com/